« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月27日 (金)

古川城址踏破

P_20150221_122242
 

2月21日(土)曇り

古川山を町内の子供1人含む有志12人で踏破した。
古川山は標高221.7m。よって、毎年2月21日または2月22日に登って
いるのに参加した。

 
 10時に地蔵前に集合出発で登山口は加用橋から。民家の脇を通っていく。
登山道は下草や桜の木が手入れされ、きちんと整美されている。
前日から晴れていたので歩きやすい。少し風が冷たいが登山には心地よい。
15分ほど歩いた広場になっているところで小休憩。それから尾根伝いに登る。
雑木林の中を歩く感じだ。道は落ち葉で判別できない。途中目印のになる
ビニールテープを貼ってある所もあるが迷ってしまいそうで、
前の人の足跡を辿って歩く。ほどなく三叉路へ。山の反対側からの登山口だ。
間違った方向に行くと山を下りでしまう。まだまだ歩く。急勾配で少し息が切れる。
 やっと古川山頂上に着いた。ここが昔、城か砦があったところだ。
眼下には木の間から家の屋根がすごく近くにあるように見える。また休憩し、
昔談義に花が咲く。

 次は尾根伝いの下りだ。足を踏ん張るのに滑りそうで登るよりきつい。
うっそうとした竹林で倒れた竹が散乱してこれでは手がついていないのではと思う。
山の神様(お地蔵様)を拝んで無時の帰還を感謝。2時間のコースだった。

 民家の横を通ろうとした時に民家の掃出し窓から仰向けに人が倒れているのが
見えた。すぐさま誰かが「救急車、救急車」と叫び、救急車の手配などを皆で手分けした。
救急車もすぐに来て搬送されたので家路についた。
たまたま通りかかったので通報できたが大きな事故にならなくてよかった。

 <古川城址資料>
 古川城跡は徳吉の東、志井との境にある古川山山頂にあり、西側の山麓は
紫側が流れ、川に沿って小倉から田川に通じる主要地方道が通じている。
この主要地方道は小倉南区曽根の塩を田川秋月方面に運ぶソルトロードである。
この道を管理する重要な役目を持って築かれたのが、古川山城と言われる。
本丸は東西18m、南北25mほどの楕円形平地で北には幅5m、深さ6mほどの
空堀がある。本丸の北、南東、南西に南北古川城山は鎌倉時代中頃1278~88年
長野城主長野豊前の守種盛が築き、応永年間(1394~1428年)は長野左兵衛
佐義衡の居城であった。応永6(1399)年2月、大内盛見の攻撃を受けて降伏、
この時一時廃城となり廃却されたが戦国時代に重要支城として再築されたという。
永禄11(1568)年8月、毛利元就は、吉川元春、小早川隆景を将とする5万の大軍を
北九州に派遣した。激戦の末、長野氏の諸城の長野城、三岳城、古川城は落城した。
          北九州の文化財を守る会会長 史学博士廣﨑篤夫資料による

登山経路

Photo

登山口の湧水

P_20150221_102353

頂上付近

P_20150221_105750


P_20150221_105728

2015年2月25日 (水)

悠樹アルバムⅥ

鹿児島で新幹線

1424676314793_2

西郷さんと悠樹

1424676320567_3

しろくまくんと悠樹

1424676343148

いさぶろう・しんぺい列車に乗った悠樹

1424747203036_2

2015年2月23日 (月)

蓑島のマテ貝

P_20150220_143803

2月20日(金)晴れ

 今日は大潮。干潮時刻は16:24で潮高-8㎝。風もなく天気も上々。
今年初めての貝掘りに出かけた。
 13時半頃から潮が引き始めたのでまず岩場のアサリポイントから
熊手で砂をかき分ける。今年はアサリがいない。岩を丁寧に除けて
掘ってみるが何もいない。結局30分ほどでアサリ3個とニナ貝30個だけだった。

 次にマテ貝のポイントへ。まだ時期が早いのか平日でもあり20人ほどが
まばらに掘っているだけだった。掘りながらマテ貝の目を探す。潮が引いて
行くのに合わせて沖へ沖へと足を延ばす。やっといつものポイントへ。
ここでは一かきに目が4・5個は目が出る。塩を振る動作とマテ貝を引き抜くリズムが
合わないと時間がかかり腰が痛くなってしまうのだ。

 横で旦那さんが塩をまき、奥さんが引き抜く手際がいいご夫婦がおられた。
仲がいいですねと言うと、料理は奥さんがするし、手間がかかるので
奥さんは「もういらないから早く帰りましょう」と2週間おきに福岡から貝掘りに
来ているとのことだった。

 17時位までにバケツ一杯獲れた。マテ貝はバター焼きでおいしくいただきました。
残りは佃煮にしてご近所にお裾分け。

マテ貝の佃煮

P_20150227_115835

2015年2月16日 (月)

ママカリ釣り

P_20150214_110514

2月14日(土)晴れ

 久しぶりの良い天気。気温も10度を超えるという。そろそろH港桟橋の
ママカリ釣りの季節到来だ。ママカリはサッパともいうニシン科の魚で、塩焼が
旨いという。少し大きめのコノシロやイワシが混じると釣りも楽しくなる。
この時期はボートでの釣りは風が強いし寒いので岸壁からの釣りが最適なのだ。

 10時過ぎであったが釣り客は数人しかいない。何も釣れてないという。
風はあるが日差しがあるので気持ちがよい。時折強い風が吹くので
風を遮るブロックの陰に荷物を置き、釣りを始めた。

 時折、釣り客が釣果はどう?」と声をかけてくるが「全然来ない」というと
「まだ寒いからね。暖かい日が続いてくると数が上がるのにね」と言って立ち去る。
その通り、まだ早いのか4・5時間ねばっても来ない。もう帰ろうかなと思っていたら
やっと浮きが揺れだした。あげてもかかっていない。3回目でやっと浮きが大きく
吸い込まれた。ラインを巻く手が震えてしまう。ずっと待っていた興奮と寒さのためだ。
ママカリだ。2匹かかっている。

 その後あたりもないので早めに切り上げた。他の人で釣った人はいなかった。
ママカリは煮つけにしておいしくいただきました。

釣り上げたママカリ 15cm

P_20150214_172148

岸壁。フェリー着き場だったがフェリーはなくなった。

P_20150214_110519

2015年2月 2日 (月)

JRウォーキング

Cimg1920

1月31日(土)曇り

 久しぶりのアウトドア。寒いのが身に応えて家を早く出るのが億劫に
なる季節だが、近場だからとJRウォーキングに参加した。

 西小倉スタート。小倉城、勝山公園、風の橋、旦過市場、森鴎外旧居、
浅野潮風公園、小倉駅をめぐる6.5km2時間のコースだ。

 時たま日差しが出る程度だが、冬のウォーキングにはちょうど良い。
いつも見慣れた風景だが、歴史探訪しているような趣のあるコースだ。
体を動かうのにちょうどよく、起伏がないので歩きやすい。
小倉の見どころ食べどころを再発見したコースでもあった。

きれいになった西小倉駅

Cimg1918

小倉の象徴小倉城
Cimg1919

昔ジェットコースターがあった、勝山公園
Cimg1921

風の橋 紫川がきれいになった

Cimg1923

森鴎外旧居 ここは変わらないが周囲の建物が変わった
Cimg1924
Cimg1928

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »