« JRウォーキング「三宜楼」と関門海峡絶景 | トップページ | 悠樹アルバムⅣ »

2014年11月 3日 (月)

昆虫標本展示会

 Cimg1769

11月2日(日)曇り

 町内のウォークラリーと称して町内の歴史的建造物を見て回るツアーがある。
橋や地蔵尊だけでは新鮮味がないというのでツアーのコースに私が収集している
昆虫標本を見学ツアーのスポットとして追加したいので協力してほしいとの要請が
あった。

 前の日までは、標本箱を採集地と昆虫の種類別に分類し、ポップの準備や標本箱を
どのように配置したら良いか、どのような説明の話をしたらよいかいろいろと考え、
まとめた。
 当日朝からソファーや椅子を並べて、スベリ止めシートを敷き、4段6列の蝶の部と
2段4列の甲虫等の部をそれぞれ庭から見られるような配置をした。

 10時過ぎに、総勢50人のツアー客が30人と20人の2班に分かれ、我が家にやって
きた。標本を見るなり、すごいね~。きれいやね。という感嘆の言葉が飛び交った。
説明は、集めた標本は蝶77種755匹、甲虫55種228匹の30箱で、
昆虫の収集経歴と昆虫の分化や歴史の話をした。 
 みんなは話半分で聞いていたと思うが、
標本の手入れや保管はどうするの?
どのように採集するの?といった質問もあり、
ヒョウモンは豹柄で大阪のおばちゃんやね。
オオゴマダラはグリーンパークにいるね。
など興味を示してくれる人もいた。

 ツアーの中では昆虫標本の展示が一番人気だったと役員の方からのコメントも
いただいた。
昆虫の標本がやっと日の目を見た思いだった。

縁側から標本を見るツアー客と身ぶり手振りで説明している私

Cimg1773


甲虫の部

Cimg1770

« JRウォーキング「三宜楼」と関門海峡絶景 | トップページ | 悠樹アルバムⅣ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160372/60589304

この記事へのトラックバック一覧です: 昆虫標本展示会:

« JRウォーキング「三宜楼」と関門海峡絶景 | トップページ | 悠樹アルバムⅣ »