« 大雪 | トップページ | 蓑島の貝掘り »

2014年2月27日 (木)

野外観察会「カワセミを見る!」参加

Kawa1

2月23日(日)晴れ
いのちの旅博物館主催の野外観察会「カワセミを見る!」に
参加した。総勢16名の参加で紫川流域の青嵐橋~北方大橋の
あたりを散策するという。

 最初のポイントの青嵐橋。
志井川の水はきれいだがごみが散乱していて景観が悪い。
もうすぐ桜が満開となり、この辺は桜の名所。大変きれいで
花見客で賑うところだ。
最初はセキレイがお出迎え。長い尾を上下に震わせて愛嬌を
ふりまくと望遠鏡を構えた子供たちが喜ぶ。その親のにわか
愛鳥家たちも大はしゃぎ。
サギやカモなどの野鳥を見ながらカワセミを探索する。

 北方大橋を過ぎたあたりで博物館の指導員がカワセミを見つけ、
対岸の石崖の下あたりにいるよと言われ、ようく見ると橙色の胸を
したカワセミらしい鳥がじっとしているのがわかる。指導員の大型
望遠鏡を借りて見ると、じっとしているのではなく、せわしなく首を
左右に振って水辺の様子を伺っているのが
確認できた。そのうち、素早く移動してコンクリのブロックに移り、
小枝に移った。
シャッターチャンスとばかりにマイカメラのシャッターを切る。冒頭の
写真。うまく撮れたかな。そのうちどこかに飛び去ってしまった。

 カワセミのいたポイントの対岸に向かうと、大型の望遠レンズを
付けたカメラマンたちが集まっており、いつもここでカワセミを撮って
いるという。
プロの写真家のようにカワセミが水に飛び込む瞬間や小魚を取って
舞い上がる瞬間の立派な写真アルバムを見せてもらった。彼らは
一日中ここでカワセミなどの野鳥の写真を撮り、野鳥談義に花を
咲かせているのだろう。

 今日は久しぶりに天気が良く、気温も15度くらいで春が来たような
天気だった。カワセミ散策だけで10、000歩も歩いて体も喜んでいる。

Kamo1

Sagi1

Sagi2Misago

Img_0834

« 大雪 | トップページ | 蓑島の貝掘り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160372/59190405

この記事へのトラックバック一覧です: 野外観察会「カワセミを見る!」参加:

« 大雪 | トップページ | 蓑島の貝掘り »