« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月15日 (金)

ダンボールコンポストへの挑戦

Img_0774

今年は生ごみの減量化を目指してダンボールコンポストを始めた。

 以前から省エネやリサイクルに興味があったが、町内でダンボールコンポスト講習会が開催され参加したのがきっかけで、手軽にできるのではと始めた。

 段ボール箱に基材(ピートモス、もみ殻くん炭など)を入れ、Tシャツで作った虫の侵入を防ぐキャップだけの簡単なしくみ。
生ごみの果物の皮、野菜の切りくず、残飯などをいれ、撹拌するだけ。
思った以上に変なにおいもしない。

 おかげで生ごみをゴミ収集に出すことがなくなり、ゴミバケツのにおいも消えた。
しかし、いいことばかりではない。ベランダに置いてあるため雨が降ったら雨除けのふたをする必要があることと蛆虫対策だ。 

 ある日撹拌していたら蛆の蠢くさまにびっくり。ハエの幼虫ではないので果物の皮についていた卵から大きくなったのか?調べたところアメリカミズアブの幼虫だと分かったが、いつの間に産み付けられたのか。

 それから毎日4~50匹はつまんで取り除く作業が続いている。蛹や成虫になるのを待ったがこれを見かけたことはない。
最近の寒さで段ボールの底に固まるので底を中心にムシ駆除を行う毎日だ。

Img_0775
アメリカミズアブの幼虫 3cmくらいまでになる

Photo
成虫:標準原色図鑑から

2013年11月 4日 (月)

孫とオオゴマダラ

Cimg1475

10月31日 孫の悠樹を連れて若松区のグリーンパークに遊びに行った。

 予報では晴れとなっていたが出掛けに少し雨がぱらついたので心配したが、
曇りの天気で暑くも寒くもないまずまずの天気。平日でもあり入場者は
少なかったがバラ園では「秋のバラフェア」が開催されており、バラの花盛りで
ゴージャスなにおいに包まれるようにバラ愛好家達がシャッターを切っていた。

 熱帯生態園ではその名の通り熱帯の植物が生い茂り、木の間を800匹ほどの
オオゴマダラが乱舞していた。人の頭や顔に吸い寄せられるように集まって
くるさまは少しおっかなびっくりというところ。

 日本庭園のベンチ横にシートを広げ、弁当を食べた。コスモスやマリーゴー
ルドのじゅうたんは色鮮やか.。帰りは「きたぽっぽ列車」に乗ると孫の悠樹は
大はしゃぎ。
楽しい一日でした。

Cimg1415
バラと悠樹

Cimg1475_2
オオゴマダラの吸蜜

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »